野の花とネコ達の四季

花の写真と花を描いた小物、ネコ達の写真とネコをモデルに作った小物の紹介です。



鉢植えのブルーベリーが色付いてきたので、鳥に食べられてしまわない
ように、夜は玄関に入れて、朝になったら外に出すを繰り返した甲斐が
あって、実を収穫出来ました☆ と言っても、ジャムを作るほどではないので、
グラニュー糖をかけて食べました。甘酸っぱくて、美味しかったです♪

採れたのは、この写真の分ともう一皿分(同じくらいの量)です。

DSCF0041B_20090828214436.jpg

そして葉は早くも色づいてきました。
お疲れ様、そしてごちそうさま。来年もよろしくね❤


先日、妹と「水陸両用バス」で行くダムとダム湖探検ツアーに参加しました。
道の駅「湯西川」(日光市)発でまずは川治ダム。

DSCF0014B_20090821212707.jpg

ダムを上から見た後は、ダムの施設見学。地上60メートルにある点検用
通路を途中まで歩ける、というもの。銀色の箱のようなものがある通路です。

DSCF0018B_20090821213541.jpg

説明を聞いた時は、高いところが大の苦手な私はどうしようか迷いました。
でも、せっかく来たのだからとにかく通路のところまで、エレベーターで、
降りてみました。通路は網目状なので、下が丸見え。無理ならすぐ引き返そうと
恐る恐る、足を踏み出してみました。最初は怖々でしたが、下を見なければ
だいじょうぶ☆なんとかUターンする所まで、行ってこられました。
こちらは、通路から上を見たところ。
1枚目と2枚目の写真は、上の方に小さく人が写っている所からとりました。

DSCF0023B_20090821221420.jpg

ダムの中はこんな風です。ひんやりしてました♪
一年中同じ、温度なので冬は暖かく感じるそうです。

DSCF0027B_20090821221736.jpg

その後、お待ちかねのダム湖クルーズ。陸上から水に入る前に、ライフジャケット
などの説明を聞いたあと、「では、皆さんシートベルトを外して下さい。」とガイドさん。
シートベルトをしたままだと、万一船が沈んだ場合、一緒にしずんでしまうため・・・。

生憎の曇り空でしたが、風は涼しく、湖や山が美しくとても気持ち良かったです♪
今回、一緒に行った妹は2歳違いで、子供のころから、いつも一緒に遊んでました。
最近は、お互い子育てが一段落して、出かけられるようになりました。
何事にも積極的な彼女のお陰で、一人では到底来ないであろうダムの見学が、
出来てとっても嬉しかったです。





二つのお皿に入ったキャットフード、粒の大きさの違いがお分かり頂けると
思いますが・・・大きい方は、袋から出したそのままです。
小さい方は、食べやすいようにと刻んだもの。

春頃、風邪をひいたピーちゃん(19歳5か月)が、食欲が落ちたので、
すこしでも食べやすいようにと包丁で、刻みました。
すると少しは、食べたのでその後ずっと、刻んでました。

ところが・・・先日、動物病院でもらった、ダイエットようのカリカリの試供品、
少し太めのグーちゃんにあげたら、すぐ近くで刻んだカリカリを食べていたピーちゃん、
グーちゃんの食べている下に顔を突っ込んで、きれいに食べてしまいました!!

歳をとったので、粒が大きすぎて食べづらいのかと思っていたけれど・・・
そうでもなかったみたい。

ピーちゃんにはもうひとつ、まんまと食わされていたことがあります。

DSCF0041B.jpg

若いころは、玄関のガラス戸、結構重いのに開けて外に出ていました。
でもここ数年は、軽い網戸も開けなくなっていました。

去年の秋までいたチーやんが、網戸を開けるのが上手いので、いつも
チーやんの後ろで待っていて、チーやんが出たあとから出たり、入ったり
していました。そして、チーやんがいなくなってしまってからは、私を
呼びに来てました。だまってジッと顔を見ているだけですが・・・。
あるいは網戸の前にジッとすわってる。そして誰かが開けてくれるのを待つ。

ところが、先日の雨の降る夜、網戸の前に座っていたので、「ピーちゃん
雨が降っているから、今夜はもうお外に出ちゃダメよ!」と言ったとたん、
サッと開けて、スッと出て行ってしまいました!!
その速さといったら・・・尻尾の先を捕まえるのがやっとでした。

私は相当、ピーちゃんになめられているようです・・・。

そんなピーちゃんは、今日もすのこの上でのんびり、くつろいでます♪
DSCF0010 (4)B

違いがよくわからないのですが・・・、散歩のコースのなかで、いくつかの
フヨウとムクゲに出会いました☆
一番最初に出会った、白と赤のムクゲ。

DSCF0023 (3)B

DSCF0020 (3)B

同じお宅に咲いていた、ピンクと赤。
ピンクはとてもやわらかい感じの色合いで、うっとりと見入りました。
赤は眼の覚めるような真紅・・・思わず見惚れてしまいました。

DSCF0026 (2)B2

そして、家の近くまで戻ってきたら・・・真正面から出迎える感じで、
真白なムクゲに出会いました。いろいろ見た後だったけど、白はまた格別。

DSCF0109B.jpg

最後は、別の日に撮ったピンクのフヨウ。
とても大きな花で、花びらが透き通るような感じ・・・ため息の出る
美しさでした。
曇り空の多い今年の夏ですが、花たちは、美しく咲いていますね。

 | HOME |