野の花とネコ達の四季

花の写真と花を描いた小物、ネコ達の写真とネコをモデルに作った小物の紹介です。



花の時期ではないのですが・・・ナニワイバラを描いた油絵が
完成しました。
なぜこんな時期に仕上がったかというと・・・

DSCF0032B_20101212211736.jpg

花の咲いているときにスケッチしていたものを元に描いたからです。
実物を見ながら描くのが一番ですが、油絵は一度塗った絵具が乾くのを
待って、次に塗り重ねるので、仕上がるまで花が持たないのです。
写真でも良いのですが、わかりにくいところ(花の裏側の葉など)
想像で描かなければならなくなります。
その点、スケッチだと一度描いているので、確認してあり、不自然に
ならなくて済みます。
それになにより、花を見たときの「描きたい!!」という気持ちが
入っているのか、油絵も完成させたくなります。

そんなわけで、こんな時期に仕上がりました♪

ところでネコさんたちはどうしているかというと・・・

DSCF0037B_20101212222719.jpg

ストーブの前のミイたん(キジトラ)とグーちゃん(シャム系ミックス)。
少しだけ慣れたけれど・・・遠慮がちのミイたん。
グーちゃんに気を使っている感じ。

DSCF0042B_20101212223048.jpg

なんか今一つ、まったり感がありませんね。
この時、ピーちゃんはというと・・・別の部屋のストーブの前で、
一人で(?)まったりしてました♪

Comments

こんにちは!

白いバラの絵、描きあがったのですね!
ナニワイバラって名前なんですね。
優しい感じで 落ち着きます。
なんだか いい香りがしてきそう。
静物を描けるって すごいなと思います。
そこにある物に心を 持たせるみたいで
羨ましい魔法ですね♪

猫ちゃんたち、しっくりいってなくても
仲良しになりたいのですね。
だって、そばにいるもの。(笑)

>caonchi さま
白いバラの優しい感じが出したい・・・と思ってましたが、
感じて頂けましたか・・・。ありがとうございます♪
そうですか、魔法ですか・・・そんな風に考えたこと
なかったけれど、確かに同じものを描いても、描く人によって、
それぞれ違った絵ができますね。

ミイたんは、ピー・グーと仲良くなりたいようです。でもあまりにも
チョロすけ、なので嫌われちゃってます。

祐子さんこんにちは。
ぐっと冷え込んで来ましたね。

一重の白いバラの絵すごく素敵です。
スケッチの方もいいですね~

ミイたん早くグーちゃんピーちゃんと仲良くできると
いいですね~
うちのヤマトもお兄ちゃんに遠慮している部分が
あります。

↓の記事堂々としたモグラさん達ですね(^^ゞ

こんばんは♪^^
久しぶりにミイたんの姿を見たら
なんだかずいぶん大きくなっているような…
そんな事はありませんか?ヾ(▽^;)ゞ
グーちゃんとこんなに近くで過ごせるのですね!
ふたりしてぬくぬくと暖かそう♪
ナニワイバラの油絵、とってもステキですね。
スケッチの方もいいですね。
遅くなりましたが、
カレンダーの方メ~ルをお送りしましたので
どうぞヨロシクお願いいたします。

>lurkママ さま
ほんとうですね、12月らしくなってきましたね。

バラの絵、お褒め頂き嬉しいです♪
スケッチの方が、葉っぱが入りきったので、構図が良かったかも?

そうですか・・・ヤマトくん無邪気に過ごしているかと思いましたが、
ルークくんに遠慮しているところもあるんですね。
ワンコもニャンコもちゃんと年上を尊重しているんですね。


>ドロさま
そうなんです!ミイたん少し重くなったみたいです。でも体の長さはあまり
変わらないみたいだし、頭も小さいのでなんかまだ子ネコの感じです。

バラの絵、ステキだと言っていただいて、ありがとうございます☆
褒められると嬉しくなって、また次描こうという気になります。

カレンダー、ご注文ありがとうございました。
メールお送りしましたので、ご覧ください。

寒いですね!

こんばんは、坂本祐子さま!
昨日より今日が更に寒くなったとテレビで知ると、
気持ちだけでも、薔薇の花を見ていると
見ている人の体感温度をあげてくれるのかもしれません!
炬燵と同じ効果がひまわりや春のイメージのパンジーなんかにあるのかもしれません!
なかなか、見ないけど(リビングストーンディジー)と言う花が個人的には好きです!

>silverbellsfamilyさま
ホント冬らしくなってきましたね。
そうですね、黄色やオレンジの色は暖かさを感じますね。
リビングストーンディジー、知らなかったので、画像検索で見てみました。
可愛らしくて素敵な花ですね♪

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://yukononohana.blog47.fc2.com/tb.php/221-fcfb1db1

 | HOME |