野の花とネコ達の四季

花の写真と花を描いた小物、ネコ達の写真とネコをモデルに作った小物の紹介です。

DSCF0014B (2)

最高に素晴らしいネコでした。
昨日、7月31日午後2時50分に21歳4カ月22日の生涯を全うし、
安らかに旅立ちました。

これは、3月11日の地震の前日、10日に撮った写真です。
地震の前までは元気だったのですが・・・地震の後、寒い日が続き、
灯油不足、計画停電などが重なり、気を付けていたのですが、風邪を
ひいてしまいました。何度か通院して風邪は良くなったのですが、
風邪のウィルスに目を冒され、殆ど見えなくなってしまってました。
それでも長年住み慣れた家ですから、壁に沿って伝い歩きをして、
少し不自由ながら生活していました。

DSCF0011B (2)

でも、歳のせいか少しづつ食べる量が減り、寝ている時間が長くなり、
30日にレトルトのマグロ味を少し食べた後は、何も食べなくなりました。
31日午前、10時ごろ少し息苦しそうだったので、ずっと付き添って、
撫ぜてあげ、約5時間後、私の膝の上で本当に眠るように旅立って行きました。

とても辛く、悲しいけれど、その悲しみを差し引いても充分におつりが来る位、
楽しく、幸せだった思い出が沢山です。

グーちゃんが、外から獲ってきたネズミを家の中で逃がしてしまい、そのまま
どこかへ行ったしまった時、ピーちゃんに頼んだら・・・ネズミの隠れている
家具の隙間の前で、何十分もじっと待ち続け、出てきたネズミを一瞬で捕まえて
くれました☆
庭に入り込んだ、迷い犬(自分よりずっと大きい)を威嚇して追いだしたり。
19歳の頃は、大きくて気の荒いオスネコと対等に睨みあって一歩も引けを
取りませんでした。戦ったら叶わないとわかっていて、私が探しに来るのを
待っていたようです。(とても賢く気が強いネコでした)

でも何と言ってもピーちゃんの一番素晴らしいところは・・・

DSCF0038B_20110801154338.jpg

私の膝の上にずっといるのが大好きだったことです❤

DSCF0034 (2)B

腕に顔を埋めて寝てしまい、私もピーちゃんも至福のひとときでした。
本当に長い間、ありがとう。そして、お疲れ様。

今頃は、天国で先に逝ったグーちゃんと、こんなふうに寄り添って寝て
いることと思います。

DSCF0001 (2)B


最後まで、読んで下さいまして、ありがとうございました。

Comments

大往生でしたね、ピーチさん……。

 合掌。
最期を膝の上で……、ピーチさんも祐子さんも、しあわせでしたね。
あっぱれの、大往生。寂しさはつのりますが……。

 なお、お別れの時間を、大事に過ごして下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ずっと、こっそり読んでいたのですが、こんなに立て続けに大切な家族を2匹もなくされるなんて。
すみません、知らずに涙ぐんでいました。21歳と4ヶ月22日の大往生、ずっと一緒にいらした坂本さんにも幸せをもたらしていたピーちゃん。幸せな猫生。幸せな記憶。

> デザート・ムーンさま
ピーチは、最期を私に看取らせてくれたのだと思います。
ピーチにちょっかいを出さないようミイたんはいつも私と一緒に寝ていました。
もし、朝起きてきた時、ピーちゃんが、既に亡くなっていたら・・・私の悲しみと
後悔は、計りしれませんでした。
ちゃんと、お別れと看取る時間を与えてくれたことに、感謝しています。
思い出せば、いつでもそばに来てくれる・・・そう思って、悲しみを
乗り越えようと思います。
ありがとうございました。


>鍵コメさま
心ならずも悲しい話題ばかりですみません。

ブログには書きませんでしたが、ずっと目が見えなくて、不自由そうでしたし、
時々、悲しそうに「ア~オッ」と鳴いていたので、いまはきっといろんな辛さや、
苦しみから解放されて、若いころの元気な姿に戻っていることと思います。

ピー・グーの寝姿、可愛いでしょう?
どうぞそちらでも、ときどき思い出してあげて下さい。
ふたりともきっと喜ぶことと思います。


>がびさま
コメントありがとうございます。
そうなんです・・・思い出すのは、賢く気高い姿です。
21年以上も一緒に暮らせて良かった・・・の思い出で一杯です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ピーチちゃん。
最期まで、立派な猫生でしたね。
言葉がつづれなくて...ごめんなさい。

ご冥福心よりお祈りします。

>鍵コメさま
こちらこそ嬉しいです。
ピー・グー、ミイともどもこれからもよろしくです☆

>hwan さま
亡くなる前日まで、いくらかでも食べられたし、数時間前までは自力で動けたので、
これ以上の最期は望めませんね。
ずっと気に掛けて、世話していたピーちゃんが居なくなって、今はなんか忘れ物を
したような変な気持ちです。

コメント、ありがとうございました。

こんにちは。
急な話で、びっくりしました。
まだまだ元気で頑張れると思っていましたから・・・

でも、ピーちゃん、最後の最後まで幸せだったと思います。
祐子さんに感謝していますね。
ご冥福をお祈りします。

こんにちは。
ピーチちゃん21歳、大往生でしたね。
最高に素晴らしいピーちゃん、祐子さんの膝の上で幸せでしたね。
もう10年も前ですが我が家のリリ婆ちゃんの最後も
壁を伝い歩きしてたのを思い出しました。
ピーちゃんのご冥福をお祈りしますね。
あっ、tyareさんのとこから来てくださったんですね~
ありがとうございます。
これからもよろしくです。

>tyareさま
ピーチは暑くなっても、食欲はあったので、まだまだ頑張れる・・・と
思ってましたが、2~3日で急に弱ってしまいました。
年齢からいっても仕方ありませんね。
最期が苦しそうでなかったので、良かったです。
コメント、ありがとうございました。


>未来ママさま
コメントありがとうございます。
本当に・・・ピーチは、別格でした。
今まで、12~3匹飼った(エサだけあげていたノラネコ、も入れて)中でも
格段に長生きしたし、私の膝の上が一番好きなコでした。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

グーちゃんに続きピーちゃんも・・・。
残念ですが、最後の5時間ピーちゃんも喜んでいると思います。
別れは本当につらいですね。でも大往生でしたから、少し救われました。
天国でグーちゃんと再開していると思います。

ご冥福をお祈りいたします。

いつもご訪問、コメント有難うございます。

また哀しい出来事ですね。
でも最後も膝の上で逝ってくれるなんて、
なんと飼い主さん思いなんでしょうね。
ピーちゃんもさぞや幸せな猫生だったことでしょう。
ピーちゃんのご冥福をお祈りさせていただきます。

お辛いでしょうが、元気を出してくださいね。

偉かったですね、ピーちゃん。
お利口で、お膝の上が好きだ何て、しっかり甘えんぼさんで。
その大好きな 祐子さんのお膝の上で、旅立てたことは
ピーちゃん しあわせでしたね♪
今頃、グーちゃんとスリスリしてますね。
 
 

>ミユパパのイージーライフ日記さま
本当ですね・・・お別れは辛いけれど、それを恐れていては幸せな出会いも
ありませんものね。
そうですね、ピーちゃんとグーちゃんは本当に仲良しだったから、きっと今も
一緒ですね。
コメント、ありがとうございました。


>サムさま
ありがとうございます。
7月1日と31日、ふたりとも逝ってしまいました・・・とても仲良しだったから
そうなってしまったのかも・・・?
ピーチは本当に立派なネコでした。
悲しいけれど、天寿を全うしたのだと自分に言い聞かせています。


>花ちゃわんさま
ホント、ピーチに感謝しています。
ピーチに会いたくなると、携帯見ています。(待ち受け画面がお気に入りの
ピーちゃんです❤)
天国ではきっと以前のように仲良くしていることと思います。
グーちゃんがしつこく甘え過ぎて、ピーちゃんに「うるさい!」と叱られているかも?

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://yukononohana.blog47.fc2.com/tb.php/278-2f0ee8cd

 | HOME |