野の花とネコ達の四季

花の写真と花を描いた小物、ネコ達の写真とネコをモデルに作った小物の紹介です。

DSCF0011B (2)

2年前の7月31日、21歳4ヶ月と22日の天寿を全うして、
お空に還って行ったピーちゃん。

これは、その2ヶ月くらい前のお昼寝中のお姿です♡

超高齢のため、痩せてしまっていますが、毎日頑張って食べて、
しっかり生きていました。

もう1枚、同じ頃の写真です。

DSCF0003B (3)

お外大好きで、毎朝ちょっとでも庭に出て見回りもしていました。
お気に入りの木の根元で、一休み・・・。

今はこの場所にピーちゃんグーちゃんのお墓があります。


DSCF0005B (2)

マグロと鰹のお刺身が大好きで、1切れか2切れ食べると大満足、
テンションが上がって、家の中を走り回っていました♪

DSCF0050B_20130731142709878.jpg

私がブログを始めた2008年の頃は、もう18歳、立派な高齢ネコさん
でしたが、こ〜んなに可愛い(若く見える)お姿も撮る事が出来ました。

思い出は語り尽くせず、撮ってある写真、全部見て頂きたい程ですが、
こちらの写真が,在りし日のピーちゃんの一番のお姿です。

DSCF0034 (2)B

いつも私の膝の上で、左腕に顔を埋めて寝ていました。
おかげで、私は右手だけで、キーボード打ったり,絵を描いたり・・・。
本当に幸せな21年4ヶ月22日でした。

「ピーちゃん、長い間一緒に居てくれて、本当にありがとう。
もうすぐ、お盆だね。グーちゃんやチーやん、ワンコのジークと
一緒に帰って来てね。好物を用意して待ってるよ。」



Comments

こんにちは

グーちゃんが不慮の事故で亡くなり
同じ月に不死身の長寿にゃん
にゃんずの目標である
ピーちゃんが亡くなるとは考えられなかったですね.....

ムスカリとピーちゃんの写真
18才とは思えない毛の艶と若々しい顔
綺麗ですね~!!!!!

お盆はまた賑やかに
お迎えをするのでしょうね^^

★薄雪草 さん
本当に・・・ピーちゃんは、地震の後の計画停電のとき、
風邪を引いてしまい弱っていたので、夏はこせないかも?
と心の片隅でおもってましたが、まさかグーちゃんが先に
逝ってしまうとは思いもよりませんでした。
ピーちゃん亡き後は、グーちゃんとミイたんで仲良く
過ごしてね、と思っていたのに・・・。
先の事はわかりませんね。そして何気ない1日1日がいかに
大切か、と改めて思いました。

お散歩に出かけるピーちゃん、ホント美ネコさんでしょ♡

お盆は、祭壇にみんなの「あかり」を飾る予定ですが、
クーちゃんの反応は・・・?

本当に長寿だったのですね
良いにゃん生を送られ、きっと大往生だった事でしょう

お盆はそんな彼らの思い出に浸ることのできる良い機会、
いっぱい思い出してあげてくださいね

きっと喜んでくれると思います♪

こんにちは。

記事を拝見して胸がいっぱいになりました。
お写真を見ると、いろいろ思い出されることもあるでしょうね。

昨日たまたま本屋さんで「猫の恩返し」という本を買ったのです。
まるで自分の身代わりのようになって、逝ってしまった猫ちゃんのお話・・・が書いてあって涙が出てしまいました。
そして、この世にいなくなってしまっても、大好きな飼い主さんのことはずっと忘れないと。。。

こちらでは、外に出してあげたくても家の前が道路で車が多いので出せないです。
外の空気も吸いたいだろうなっていつも思うんですけど。。。
ノラちゃんたちもたくさんいてたくましく生きていますが、一度出たことがない猫は外の世界を知らないんですよね・・・

和紙の灯り、素敵ですね!興味を惹かれました。
かな書道をしてるものですから、筆で字を入れてみたくなりました^^
先に書いてからでないと形にできませんね・・・灯りの作り方を習ってみたいです!

★toranyansan  さん
そうなんです・・・4匹生まれたきょうだいの中で、ダントツの
長生きでした。おまけにお空に還る前も、私の膝の上で5時間、
ずっと撫で続け、別れを惜しむ事が出来ました。
本当に、素晴らしいネコさんでした。
お盆には、好物の缶詰をお供えしておもてなしするのが、
今から楽しみです♪

★菫 さん
そうですか・・・お空に還っても、飼い主の事は忘れない・・・
改めて聞くと、なんか嬉しくなります。

家は、前から飼っていたコは、お散歩自由でしたが、
グーちゃんとチーやんが交通事故に遭ってしまったので、
今居るミイたんとクーちゃんは、室内飼いです。
クーちゃんは、飼いネコさんの生んだコを貰ったので、
全然お外に出たがらなくて、助かります♪

和紙のあかりは、柔らかな光で良いですよね。
私は、知り合いの「あかり」の作家さんに作って頂いた、
完成品に絵を描いています。
その方は、あかりの作り方の教室も開いていますが、
遠いですね。

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://yukononohana.blog47.fc2.com/tb.php/496-69fd611b

 | HOME |